イムデベ!

個人的偏見と傾向による映画・音楽・本紹介&レポ

美女と野獣 "Beauty and the Beast" 2017 US/UK directed by Bill Condon

エマ・ワトソン主演、共演がルーク・エヴァンス、ユアン・マクレガー、そしてサー・イアンということで非常に楽しみにしていたんですが、非のうちどころのないファミリー映画だった、というかもっと端的に言えばディズニー映画だった。 悪くないよ。 でも残…

『美女と野獣』についての雑学(3)

ものすごく長くなってしまった。 なかなか最新版に話が辿りつかないので、たぶん辿りついたときには息切れしている(私が)。 さて、コクトー版の次はディズニーのアニメ映画版だから、ずいぶんと映像化の間が空くことになる。 まあ、コクトー版が凄かったか…

美女と野獣についての雑学(2)

さて、『美女と野獣』の映像化、と言えば、私にとってはなんといってもジャン・コクトーの映画。 これは影響を受けてないクリエーターはいないと思うので、『美女と野獣』の映像化におけるベースと言ってもいいと思う。 ストーリーはボーモン夫人版にほぼ忠…

『美女と野獣』についての雑学(1)

2016年度版の、と言えばいいのか、それよりかはディズニー実写版と言った方がとおりがいいのか、とまれ現時点で最新の『美女と野獣』を観てきたついでに、私の人生における美女と野獣にまつわるアレコレで得た雑学というか、まあ、無駄知識なんですけど、感…

Murder for Two@世田谷パブリックシアター 12th, June, 2016

余りによかったので、レビュー書くのが遅れるという本末転倒ですが、 この舞台、今年のナンバー1だから!(個人的見解) 松尾貴志と坂本昌行の二人舞台なんだけど、二人で演じるのが13役で、そのうち10人は坂本担当という無茶っぷり。 これ、オフブロードウ…

2015年総括覚えている限りで2015年の映画,本,CD等を総括してみました.自分用のメモみたいなものなので,非常に身勝手で率直な感想や評価をつけています.それでもイイちうかたのみドゾ.いつも題名と感想しか書いてなくて不親切きわまりないので、気に…

バットマンVSスーパーマン “Batman vs Superman: Dawn of Justice” 2016 US directed by Zack Snyder

アメコミというのは日本のコミックとは随分と事情が違っていて、たとえば同じ漫画を違う漫画家が描いたり、違う漫画のキャラクターが出てきたり、というのは普通にあることらしい。 したがって、スーパーマンが活躍しているニューヨークのすぐ傍にゴッサムシ…

フォーエバー・プラッド 28th May, 2016@東京グローブ座 4 & 5th May, 2016@KAAT

オフ・ブロードウェイのミュージカルで2013年に日本版で公演、今回、全く同じキャストで再演となった舞台を、千秋楽を含む3回観てきました。 男性四人のボーカルグループが、初めての大きな舞台を踏むことになって、誂えたスーツを取りに行くとき事故に遭い、…

キャロル "Carol" 2015 UK/US directed by Todd Haynes

原作読了後、鑑賞。 ルーニー・マーラー演じる若い女性テレーズが、クリスマスのバイトで働いていたデパートで、ケイト・ブランシェット裕福な夫人キャロルと恋に落ちるものがたり。 同性愛を病気として扱っていた時代だから、今よりもずっとこのふたりの恋…

エヴェレスト 神々の山嶺 2016 日本 平山秀幸監督

原作未読で鑑賞。 主人公の深町は山の写真で食っていくことを目指す野心家のカメラマン。 ときにその野心が人の顰蹙を買うこともあるが、それをおそれることもなく、突き進もうとする。 カトマンドゥで偶然出遭った伝説的クライマー羽生の人生を調べるうちに…

坂本昌行ソロコンサート「One Man Standing」@オーチャードホール 6th Feb 2016

坂本くん初のソロコンサートにして、ジャニーズ初のミュージカルコンサート、行ってきました。 ミュージカルコンサートって、つまりミュージカルの曲だけを歌うコンサートということになるんですが、ツイッターで演出家の人は、ハリー・コニックJr.がベガ…

さらば あぶない刑事 2016 日本 村川透監督

劇場版7作め! これはスゴイ!もあったし,これはどうなの?もあったし,紆余曲折ありつつも,なんだかんだ言ってずっと愛さずにはいられないシリーズがついに(これまで何度も最後最後と言ってはきたが)最終回ということで,楽しみなような,寂しいような…

ザ・ウォーク "The Walk" 2015 America directed by Robert Zemeckis

軽やかに前に踏み出す一歩のはなし フィリップ・プティは実在の軽業師,というか綱渡り師である. 彼が,かつてツインタワー竣工時に(片方のタワーは既に建っていて使われていて,もう片方は完成間近だったが入居は始まっていなかった),こともあろうにタ…

このブログについて

このブログはmk2が好きな映画、音楽、本についてテキトーに好き勝手書き散らしたり、紹介したりする場所です。 かなり個人的趣味に偏っています(すなわちイギリススキーでオーストラリアマニア)。 あまり人の勧めないような映画から人の観ないような映画ま…