読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イムデベ!

個人的偏見と傾向による映画・音楽・本紹介&レポ

さらば あぶない刑事 2016 日本 村川透監督

映画

劇場版7作め!

 

これはスゴイ!もあったし,これはどうなの?もあったし,紆余曲折ありつつも,なんだかんだ言ってずっと愛さずにはいられないシリーズがついに(これまで何度も最後最後と言ってはきたが)最終回ということで,楽しみなような,寂しいような,実に複雑な気分で観に行ったんだけど……

 

今回は原点回帰と言い切っていたとおり,TV時代からのあぶない刑事ファンには大満足の内容だった!

ありがとう!

こういうふうな終わりを望まずに望んでいたんだと思う.

 

見事な幕を引かないこの幕引きに,大きな拍手を送りたい.

 

私たちはユージとタカに別れを惜しむことなく,ずっと,あのふたりは一緒に走り回っているのだと思うことができる.

何度ありがとうと言ってもたりないくらいの,ありがとう!

 

今回の劇場版は,これスタンダードサイズじゃないの?と思うくらいにTV版と同じだった.

あのTV版がどれほどのクオリティで作られていたか,

二人がどれだけ軽やかに,楽しく,カッコよく,活躍していたかを思い出した.

 

横浜はもう同じ街とは思えないほど変わってしまったのに,あぶない刑事はまったく変わらず帰ってきてくれたのだから,これを感謝で迎えずしてどうしようというのか.

 

いい加減なところも,むちゃくちゃなところも,ただただカッコよければいいじゃない,というその場のノリも,昔のまま.

アクションもすごかったんだけど,スケールアップは別にしないの.昔のままなの.

それがいいんだよね~.

無駄に爆発とか要らないわけ.

ユージが走って,タカがハーレーで来ればいいわけ.

トールは困ってて,カオルはドタバタしてて,これだよ,これを待っていたんだよ!

 

せっかくだから昔話もしとこう.

 

TV版が決まったとき,私は柴田恭兵の大ファンだったから,相手役が舘ひろしというのがすごく不満だった.

舘ひろしと言えば,苦虫をかみつぶしたような顔をした男という印象しかなかったからだ.

同級生もみんな同じ意見で,恭兵はいいけど,舘は嫌だよねえ,と話していたものだ.

あと,仲村トオルも嫌だった.当時,彼にはビーバップのイメージしかなかったので,あのふてぶてしい顔した不良でしょ,という感じ.

 

それが一話目を観た次の日,学校で大騒ぎになった.

とにかく恭兵がカッコイイ!そして舘ひろしがカワイイ!え,何?何が起こったの?

しかも仲村トオルがおかしかった.全然不良じゃなかった.トロい動物だった.

以降,毎週,毎週,放映日の次の日はみんなで大騒ぎしたのを覚えている.

最大の衝撃はたしか,舘ひろしが「ユージ~」と情けない声で呼んだことだった.

舘ひろしがあんな声を出すなんて!

ちなみに浅野温子がどう映っていたかというと,ひたすらカッコ良く見えていた.

だって,ユージもタカも太刀打ちできないんだもん.

そんな女性が出てくるドラマは他になかった!

 

あの頃,二人が走り回っていたのはだいたい,赤レンガ倉庫付近だった.

赤レンガ倉庫は,全然整備されていなくて,汚く,半分朽ちた廃屋みたいなところだったから,犯罪者がたまるのにぴったりの雰囲気だった.

さすがに毎回毎回,犯人があそこへ逃げ込むのには笑ったけれど,それも含めてのあぶない刑事だったと思う.

 

今や,赤レンガ倉庫は観光名所となり,周囲もすっかり整備されて,観覧車もできちゃったし,夜景のきれいなおしゃれスポットになっちゃったけど,それでもあぶない刑事が走ることのできる場所はまだあったね!

久々に,横浜あぶねーなって思ったわ(笑)

 

続きが観たくないって言ったらうそになるけど,これほどの美しい幕引きに,その幕を引きずり下ろすのも無粋な気がする.

ひとまず,感謝の言葉を,村川透監督に捧げたい.

ありがとうございました.

 

ところで,今作で初めて気づいたんだけど,ほんとだ,ユージ,彼女がいたためしなかったね…アレ?

 

ま,カッコ良すぎるとそうなるわな.